勉強

[TOEIC]1ヶ月半で500点→680点になる方法①

[TOEIC]1ヶ月半で500点→680点になる方法①

こんにちは、あとーゆーまです。

 

就活でTOEICが必要になり、しかも1ヶ月半しかない・・・という状況でいかにして点数を向上させたかを書こうと思います。

 

僕のTOEICのスコアは、ここ2年くらいで4回くらい受けていましたが、最高550点、最低400点で直近のテストでは500点でした笑

まぁ500点くらいの実力だったのでしょう。でもどうしても点数が必要だったので頑張りました。

(しかも初めて受ける新傾向TOEICだったので対策が大変でした・・・・)

 

対策前:500点(L:300点、R:200点)

↓↓

対策後:680点(L:350点、R:330点)

 

TOEICのためにやったこと(アプリ編)

 

活用したアプリや参考書を紹介したいと思います。

アプリはこの2つです。

・iknow!(単語・リスニング用)

・polyglots(単語・読解用)

 

それぞれ見ていきましょう。

iknow!は各個人の実力にあったレベルの教材を選んでくれます。それをやることで単語やら発音やらライティングやらを鍛えてくれます。

iknow

こんな感じで毎日の学習を手助けしてくれますし、学習状況をモニターするのに便利です。

本当にちゃんとやろう!!と決心している人には向いていると思います。

 

ただ、有料で1年で1万弱かかります。1ヶ月千円以下なのでやる気がある人なら全然お得だと思います。

また、友達紹介とかでさらに3ヶ月無料になるのでやってみると良いかもしれません。

(1ヶ月の無料お試しなんかもあるのでそれで済ませてしまうのもアリかも!?)

iknow!ホームページはこちら

 

次です。polyglotsはスマホアプリで無料でダウンロードできます。

さきほどのiknow!にも弱点があり、長文が読解がありません・・・・

そこでployglotsを使います。これは、最近話題になっているニュースが英語で書かれています。

ジャンルも幅広く、政治とかITとかスポーツとか色々あるので自分が気になるニュースを毎日空き時間に読みます。

 

このアプリはニュースの文字数と読むスピートを管理してくれるので、

どれくらい読んだか、どれくらい早く読めるようになったか

を確認できる点が良いなーーと思います。また、難易度も書いてあるので自分のレベルにあったニュースを読む事が出来ます。

さらに、分からない単語をタッチすると訳を表示してくれますし、全体の日本語訳があるニュースも一部あるので非常に便利です。

 

この二つを毎日コンスタントにやっていれば基礎的な英語力は大丈夫でしょう。

できれば1日iknow!に1~2時間、ployglotsに30分程度は掛けたいですね。

 

 

TOEICのためにやったこと(参考書)

 

続いて実践です。やっぱりTOEICのテストに慣れておくことは非常に大事だと思います。

模試を何回か(自分は4回解きました)解くとかなり点数上がると思います。

なんといっても実際のテストの2時間を耐え抜く集中力が付きます!

 

やる参考書は公式参考書が一番だと思います。新TOEICの傾向もつかめるし。

ここで新TOEICについてなんですが、あんまり点数が高くない人はそこまで意識する必要ないんじゃないかなと思います。

ざっくり言うと、

リスニングの最初の絵だけの問題が減った(10問から6問に)、二人で会話するやつに三人で会話するやつが増えた。後半で画像とかを使った問題が出てきた。

リーディングで文法の問題が減った、後半で文章が3つの問題が出てきた。

等です。が、僕を初めとする初心者はリーディングの最後は塗り絵なのでリーディングは気にならないでしょう笑

僕は10問塗り絵でした汗

 

すみませんちょっと長くなったので、今日はこのへんで笑

次回は時間配分とか上記の新傾向をもう少し丁寧に書こうと思います!

 

関連

[TOEIC]1ヶ月半で500点→680点になる方法①

[TOEIC]1ヶ月半で500点→680点になる方法②

[TOEIC]1ヶ月半で500点→680点になる方法③ーリーディングの解き方

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top